前へ
次へ

大学入試の数学を知ること

理系学部志望の大学入試において必須の科目である数学は、大学によって問題形式が大きく異なることが特徴です。
大学入試の数学では解答に至るまでのプロセスをすべて記入させるタイプ、解答のみを記入するタイプ、センター試験のようにマークシートタイプなどがあります。
志望する大学がどのタイプの問題形式であるかを事前に調べておくことがポイントです。
解答のみを記入するタイプの試験は私立大学に多い傾向です。
解答のみを記入するので、計算間違いなどのミスが大きく影響します。
問題によってはとても煩雑な計算をしなければならないこともあります。
一方で試験時間が問題量に対して短いケースも珍しくないので、解ける問題がどれなのかを見極める必要があります。
マークシート形式の解答においても、計算した結果をマークするわけですが、マークの塗り間違いがあると不正解になります。
そのため、短い試験時間でも落ち着いてマークシートを塗りつぶしていくことが大事です。

Page Top